耐震シェルター

あなたの家は、今のままで本当に大丈夫ですか?

耐震シェルター鋼耐震、地震シェルター不動震は、
株式会社東武防災建設の扱う、最強の耐震補強材です。

今お住まいの家の1部屋をシェルター化する画期的なシステムで、家全体の耐震力も大幅にアップします。
是非、この絶大な安心感を手に入れてください。

東武防災建設の耐震シェルターは、あなたのかけがえのない家族の命を守ります。

鋼耐震(住宅用)

鋼耐震

耐震シェルター「鋼耐震」は、価格を抑えた普及型です。工期も早く、住んだままで完成します。

内装後はリフォームと変わりません。広い部屋の一画に設置することも可能!

鋼耐震plus(企業用)

「鋼耐震 plus」は、企業の従業員の安全確保を最優先とした、緊急避難用の耐震シェルターです。

あの東日本大震災の建物一部倒壊にも耐えて、従業員の命を守りました!

不動震

「不動震」は、建物全体の耐震補強を兼ねた地震シェルターです。

シェルター+壁補強をすることで建物全体を補強します。

 

家族の生命を守り、住宅の倒壊を防ぐ、安心の耐震シェルター

「鋼耐震」「不動震」は、近畿大学建築科の故・須賀好富教授の指導を受け、
多くのデータを基に
開発、製品化したもので、ご自宅のお部屋の一部を耐震シェルター化する画期的なシステムです。

  一般的な耐震リフォームとは異なり柱や壁、耐震金物の追加のみではなく基礎からしっかりと施工します。

優れた部材で耐久性を実現

天井面:H型鋼の大梁・小梁とハニー型プレート
壁4面:東西南北に各1ヶ所ずつ壁ブレースパネルの設置
床面:H型の梁で四方を固めます

・シェルター内の随所に、肉厚の鉄骨構造を使用し、強度をアップ。
・連結部は、頑丈なハイテンションボルトで確実に結合。

これらの重量鉄骨の躯体により、どの方向からの力にも耐えることが可能です。

在来木造住宅ならば築年数に関係なく設置が可能です

当社では今までに、新築から築90年以上の建物にシェルターを設置しました。
築年数は問わず、老朽化した家でも新築の家でも取付可能です。

構造耐力試験で、100トンの鉛直加力を見事クリアー

軸圧縮試験

軸圧縮試験

これは上からの鉛直加力を連続的に加えながら、その力を徐々に上げていき、最終的に100㌧まで加力する試験です。これに対し、当社のシェルターは、わずか0.9mmの変位しか発生せず、実質的に100㌧の加力に耐えました。

面内せん断試験

面内せん断試験

こちらは実物大の壁面パネル1面設置し、横からの水平加力を徐々に加えていく試験で、シェルターは16.5㌧をクリアー。設計荷重の7.5㌧の2倍以上に耐え強度を実証しました。これは6面体からなるシェルターが、いかに頑強であるかを証明しています。今後も、さらなる研究開発を進め、より軽量でより強度のある製品づくりをめざします。

耐震シェルターの工事は、2〜3週間のスピード施工

耐震シェルターの工事は、2週間〜3週間のスピード施工。(コンクリート養生期間を含む)
完成後は、普通の部屋として新しく生まれ変わります。
高度な鉄骨枠組み技術により、強力な耐震性を実現します。